2015年04月

チムチムニー 3

4月の終わり…ちょっとだけ元気になって来た。

それでも、日毎症状の質も度合いも違うし、調子が良くても安定していられる時間は日に1~2時間が限度なので、まだまだ社会復帰は遠そうだ。

もっとも、社会に出てないから、社会復帰はちゃんちゃらおかしい言葉であるが。

そんなわけでマンガ製作と音ゲーを復活させることにした。

どっちもほぼ2月から休止していたせいで、全然進んでいないんだよな~。まぁ…何とかなるか~。

はてさて

卵のおっさん仕事も3日目ともなると慣れてきた。

温度も湿度も手動でほぼ管理できるようになった。

これで、もしピヨが本当に孵ったら商売できるんじゃない?捕らぬ狸の皮算用してみると、売値が200円だった。と言う事は、買値は高く見積もっても80円ぐらいかな?

3週間かけて、それも卵の全てが孵る保障もなくて80円。単純に考えて3週間分の賃金を諸経費抜いて5万円として、625匹ヒヨコを孵さなければならない。

夢物語すぎる。

ならばと、鶏肉販売を考えたが、それもどう考えても不可能だ。雌2匹ぐらいを田んぼに放って卵の自給自足が利率では良さそう。

うん…こいつらで金儲けはできない。

これならよっぽど変態ウパの生産に情熱を傾けた方がよさそうだ。

しかし何だな…理想と現実。

別に金を山のように欲しいわけではない。儲け主義に走るつもりなんて全くない。自分の好きなやり方で商売をしたいだけなのだが、絶望的に難易度高そうだ。

上手く言えないんだけど、慎ましい生活をしようと考えれば考えるほど、慎ましさとほど遠いギャンブルな夢物語が広がっている。おそらくなんだけど、慎ましさこそがオレを必要としない場所に広がる物みたい。

めんどいよな…。

誰もが誰も結局、望まざる道を選択させられずえない。って事なんだよな。
スポンサーサイト