2014年08月

諦めたからゲームスタートですよ

『愛は地球を救う』と思う。

最も愛は"地球"を救うと書くから語弊があるんだ。

そもそも人間にとっての地球とは自分。自分が自分を、自分が他者が、他者が自分を愛せた時、地球は救われるんだ。

1個人における地球って言うのは、そういうもんなんだよ。

だから、24時間テレビも満更地球を救っていないとは言い切れない。

解釈を間違えているだけ。それだけのお話。

はてさて

24時間テレビが好きそうな人間が口にする言葉No1は「No1にならなくても良い。オンリーワンになればいい」。そして、No2が「あきらめたらそこで終了です」な気がする。

前者は吐き気を催すほど嫌いなので嘲笑以外では使わないが、後者は主にギャグとしてよく用いている。

この言葉、もう説明する必要がないほど有名な言葉なんだけど、最近ひょっとしたらこの言葉の真意は「諦める事」にあるのではないのかと思ってきた。

本家の話は創作なので置いておくとして、人生ってどれだけ諦められるかが物凄く大切だと思ってきた。

オレ自身そうんなんだけど、諦められない人間の醜さって見れたもんじゃない。

何かにすがり、何かを罵倒し、何かにつけて動かず、安っぽい価値観だけを信じて疑わずに生きている人間。

諦められないから、自分自身を評価できずに自分勝手に落ちて行く人間。

まぁ、最悪それで自分勝手に死んでくれればいい、ただそういう人間はなぜか他に向けて声高々に自身の意見を主張するもんだから観ていて痛々しいを通り越して悲しくなってくる。

ちょっと前までの自分自身の事でもあり、ひょっとしたら他者が読んだらこの記事自体もそうなのかもしれない。

けれども、オレはもう色々と諦めて来た。おかげで心は非常にすっきりしたんだ。

心がすっきりしたからこそ、自分の作品をネットで公開する踏ん切りがついた。踏ん切りがついたからこそ就職活動を始めたんだ。

文句ばっかり言っているようで、オレの文句は愛深き故になので、文句言っている事に付いてはたいてい"好き"だ。

つまり、多くのニートが否定するこの社会を好きである。ネット社会や二次元なんかよりも現実の方がはるかに好きである。

何一つ上手くいかず、多くの人間から搾取されている現実をおかしいとは思うが、そんなに悲観してはいない。

諦めても実際なんにも終了しないんだよ。別にそれが死の淵であっても良いじゃないか。死んだら終わりかなんて誰にもわからないんだから。

誇り高く気高く生きる事は何よりも尊ぶ事だ。しかし、諦めない事が紳士ではないんだ。

心に刻め波紋のビートを。

お前の血は何色だ。
スポンサーサイト