私的事ですが

子守唄でも歌ってください

超楽しみにしていた『だがしかし』を観ているのだが…何か思っていたのと違う。

もっと駄菓子を取り巻く環境を描く作品だと思っていたが、コレは単なる販促アニメでしかない。

原作がどうなのか知らないが、この作風だと駄菓子ファンにも、アニメファンには受け悪いんじゃないのか?

蛍さんってさ…昨日書いた、大嫌いな女オタクの展形だよな。

はてさて

地震が起きた時間に丁度、母親の子宮を拡張して卵管に挿入するエロ本読みながらオナニーをしていた。

このまま屋根が落ちて死んだら、2ちゃんで英雄になれるかな~なんて思っていたら案の定行きの延びてしまった。

おかげで宇宙の心理に近づけたかもしれない。

オレはエロ本(抜ける)とは、ストーリーだと思っていた。だから、母親の子宮を拡張するような話が好きなのだが、ひょっとしたらそうではないのかもしれない。

最も好きなエロマンガ家は『早見純』である。エロい絵描かせたら右に出るものはいないと思っているのが『高橋ツトム』である。

つまりそう言う絵柄が好き。

そしてそう言う絵柄の作品って必然的に母親の子宮を拡張するような話が多いと思う。

オレはエロ本とはストーリーだと思っていた。でも、ひょっとしたら私も数多の人々と同じように絵柄だけでオナニーしているのかもしれない。

ただその絵柄が、どうしても邪悪でポップな作品に多いと言うだけなのかもしれない。それ故に、数多のジャンルを網羅できるかもしれない。

やっぱり、僕は普通の人間。何も変わらない普通の人間なんだ。

多分。
スポンサーサイト



人間は驚天動地の出来事に遭遇したときに思考停止する事を学ぶ

…すんごい事が起こった。いや、正確には起こっていた。

まず結論から書こう。

『成平が産卵していた。』

外気温が20度を超え出すと我が屋のカメ達が目を覚まし餌を食べ出す。そんなわけで今年も無事に冬眠から覚めたカメどもの水換えを行っていた。

設置場所が少々特別な我が家の動物園『ニートと童貞・処女の里』では、誰かの水換えをするなら全員の水換えを行うと言う忌まわしき因習が残っており、今日はカメの水換えをするついでにウパ公の水換えもした。

んで、その後出先機関に赴き、数々の命あるオスに対して腹いせとばかりにパイプカット処置を施し、家に帰ってかたら産卵していたのよ。しかも、その産卵された卵を尽くオナモミが食べているのよ…。

ッとまぁ…これが今日あった出来事の顛末。おそらく読んだ人には何の驚きもない、単なる一幕でしかないのだろうが、オレにとってはポルナレフも驚く位の出来事だった。

だって、オレは成平もオナモミも男の子だと思っていたもん。しかも、2人には130センチのAV男優と180センチのAV女優の絡み位に体調差がある上に、水槽はセパレータで区切られているだもん。

どの部分を取ったとしても、子供が産まれるはずはなかった…。なのに子供が産まれたんだもん。

…オレには未だに信じられない…。現実主義者の童貞にとって、そんな『ロミオとジュリエット』と『ベルばら』を足して割ったみたいなファンタジーエロゲを認めたくないぞ。




オナモミにとっていつもセパレータ越しに見ていた触れた事もない存在、成平。オナモミ一回り以上に歳の離れた成平を好きになってしまった。しかし、成平も自分も男。二人はそれは許されない恋。それでも成平を思いながら行った自慰によって排泄された精子が、セパレータの隙間を抜けて成平の元に届き、成平の卵子と結合。

成平は女だったのだ。しかも、セパレータ越しに愛を育んでいたのはオナモミだけでなく、成平も同じで、彼女の体内には既に卵子が作られていた。二人は両想いだった。

だがしかし、二人は共にその本来ならば幸せであるべき現象が、本来ならば実現不可能だった幸せの姿を理解できずに、気が狂って自分達の子供をパクパクと食べてしまっている…。

二人は愛し合っていた。しかし、愛し合っていた故に、子を成す事を認められなかったのだろう…。

本当の愛の形とは?




これは、あくまで『ニートと童貞・処女の里』4代目管理人のオレが紡ぐ物語であり、当事者たちがどう思っていたかはわからない。でもまぁ…代々の管理人が全員アスペのこの動物園的には、これが語り次ぐべき正史で良いんだ。そうでないと世界が終るから。

とりあえずオレがしてあげられる事は、忌まわしき世界を隔てた『壁』を破壊し、親達に食べられなかった子供達を孵化させて、『ニートと童貞・処女の里』を『ニートと童貞・処女の里+抜け忍』に改名させてあげる事ぐらい。

取らぬ狸の皮算用だけど、もし孵ったら、里子が欲しい方にはプレゼントいたしますので。

しかしさ…オレが死んだら『ニートと童貞・処女の里』はどうなるんだろう?以外と重労働だから、歳老いた両親には任せられないし、ニートの童貞には任せられる5代目もいないが、拡張予定は山のようにあるし。

産まれて初めて養子が欲しいと思ったりもする。社会に通用する大人には絶対にならないけど、衣装ケースに入れて殺す事も絶対にしないから、誰か養子に来てくれないかね…。

考えれば終わらない未来を忘れるように、今日を生きる。

名称未設定-1

寝れない夜の思い出話 vol.40382

生でアイドルを見たのだが、何か…滅茶苦茶ちっちゃい。可愛いとかじゃなく、ちっちゃい。

あの容姿で枕営業しているのかと思うとちんこが痛いが、そのアイドルよりも自分の身長が低いと考えるとそのちんこを切断したくなる。

想像できないだろう。AVで女優より小柄な男優を。

なんと言うかもう、生物学的に劣等感を感じずにはいられないよ。

あと、ムカつくな。アイドル。

アイドルとメンヘルだと、似た者対決の結果メンヘルが勝つ事がわかった。潜在意識を一応隠せる人間と、隠せない人間では隠せない方が人間らしくて見ていて楽しい。

偶像になりたい女の子より、私は神だと勘違いしている女の子の方が、見る分には楽しいと言うお告げです。

はてさて

続きは明日書こう。覚えていたら。

処女 雪 を踏み固めろ

毎度お馴染み夢の時間です。

今日の夢は凄かった。

昔好きだった女の子と偶然再開するところから始まったのだが、なぜか彼女は実家の前でセックスしている。

相手はコナンの犯人見たいにわからない。

在り来たりなセックス描写はなにもなく、ただ彼女は庭の掃き掃除をするようにセックスをしながら、おそらく僕と談笑している。

そこに彼女のお父さんが現れて、なぜか僕は小学校の運動会に参加しなければ、行けないらしく、特訓が始まる。

場面は変わり幼馴染みが経営しいる飲食店で結婚式が行われている。

誰の結婚式かもわからないのに、僕はスピーチを始める。僕は真面目に話しているのに、途中で新郎が罰の札を揚げると、帝愛の黒服が現れてエスポワールのあの売り買いの部屋に入れられたはずなのに、また最初の場面に戻る。

やっぱり、彼女はセックスをしながら笑いかけてくれた所で、猫に起こされた。

フロイトさん。コレは何を意味しているんですか?

んで、猫と一緒に外に出たら辺り一面真っ白。

雪だ。

性欲はモリモリだけど、モリモリ過ぎて、もはやなんかどうでもよくはなってきている。

それでも、当時処女と思われる好きだった女の子が自分の前でセックスしている光景を見るのはあまり気分の良いものでは無かったので、"ヴァージン"スノーの上に猫と二人でコレでもかと足跡付けてぐちゃぐちゃにしてきた。

不思議とTシャツ一枚だったのにあまり寒さは感じなく、愛しさと切なさと心強さが芽生えてきてしまった。

最近やってから自己嫌悪になる事しかないよ。

処女まんこ 無修正

偉そうに言えることではないのだ、処女って…良いのかな?

最近滅茶苦茶な量の本を買った。もちろんその全てを新品で買えるはずもないので、半分位は中古で買った。

まぁ…違うかも知れないんだけど、その二つを持って処女って良いのかについて考えていたのだが、オレには中古の方が良い。

新品で買ったのはどうしても綺麗だから、大切に大切に使おうとして、正直やりにくくて仕方がない。ならばと、手荒く使ってしまおうとも思えずなんか物凄くモヤモヤする。

それならば…オレは中古の方がいい。中古の方が自分好みに扱える。へんな話なんだけど。

ついでに奇麗な物がどうも美しいと思えない。

友人の琵琶弾いてるおっさんが「祇園精舎の鐘の声」とか言っていたように、時間が経つという事は、長けき物も滅びてしまうんだ。でも、その滅びは決して悪くない。なぜなら滅びた代わりに得たものが少なからずあるからだ。

傷付いてボロボロになってしまった物はゴミかもしれない。ゴミかもしれないけど、汚いかもしれないけど、それは美しいんだ。

抗う事は悪くない。されど受け止める事はもっと悪くない。

全然関係ないが、ニュースで「女子大生が体を売って、内定を得たそうだ」。オレにはこれの何が悪いのか全く分からない。

世界は何で回っているのだろう。